ウナギのかば焼きの代わりにナスビのかば焼きを食べました。

土用の日は過ぎてしまいましたが、今年はウナギを食べる事が出来ませんでした。

 

 やはりウナギが高かった事と、自分の小遣いが足りなかった為です。

 

 本当の事を言うとウナギを食べたかったけど、ウナギがかなり高騰している事と、ウナギが激減しているというニュースを聞いたので、今年は仕方なかったと諦めています。

 

 そこでウナギのかば焼きの代わりに、ナスビのかば焼きを作って食べました。

 

 ナスビのかば焼きは、ナスビのかば焼きを作っている所をテレビで見て、これなら簡単に作れるかも、と思い急遽作る事にしました。

 

 ナスビのかば焼きをテレビで見てみると、見た目がウナギのかば焼きに似てる事だし、十分にウナギの代わりになると思ったからです。

 

 しかしナスビのかば焼きの作り方が分からないので、クックパッドという料理サイトを見て作り方を調べました。

 

 ナスビのかば焼きの作り方は、ピューラーでナスビの皮をむき、ナスビをラップで包んで500Wで約4分ほどチンします。

 

 チンしたナスビをしばらくさまし、ナスビを縦半分に切り、包丁の腹でナスビを広げます。

 

 その後フライパンでナスビに焼き目をつけ、ウナギのタレを絡めて出来上がりとなります。

 

 しかし見た目がウナギそっくりには、程遠い状態になってしまいました。

 

 焼いたナスビをウナギのタレに絡めただけで、ウナギのかば焼きの代わりにはならなかったですね。

 

 来年の土用の丑こそ、絶対にウナギのかば焼きを食べたいです。

 

 例え値段が高くても、小遣いを貯めて必ず食べます。